カテゴリー別アーカイブ: 未分類

内臓脂肪症候群にお酢の力は有効なのです!!

みなさまこんにちは。内臓脂肪症候群、つまりメタボ。メタボって何だかとってもいやな響きです。

太っている人の総称であり、中年の表れであり、なんだか悲哀すら感じてしまうそのメタボという響き。

でも、これがメタボリックシンドロームとなるとちょい違う。響きがなぜか心地よい。ちょっと高級感があるというか、立派な?病気に聞こえるというか…多分、軽んじられていないその感じが心地よいのでしょうね。

しか~し、この響きに騙されてはいけません。結局のところは同じなのですから。要するに不健康なおデブ?という事なのでしょう。それとも、不健康極まりないおデブ?

悲しいかな、それが世間のメタボにたいする見解なのですよね。そんな自分にサヨウナラできるよう、日々の生活に情報=知恵を活かしてみませんか?

今日はメタボにお酢の効果というテーマで書きますね。

【メタボリックシンドロームと内臓脂肪の関係】

内臓脂肪とは、食品から体に摂取した中性脂肪が過多になり、内臓に蓄積された脂肪の事。原因は暴飲暴食・運動不足などの乱れた生活習慣だと言われています。

この内臓脂肪、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)の原因ともなるのです。メタボリックシンドロームになると、生活習慣病のリスクが高まり、命にかかわる病気を招く場合もあります。

【メタボリックシンドロームにお酢が効果的】

お酢の健康効果、聞いた事ありませんか?私は昔からそんな風に聞かされて育ちましたので、疑わず信じていました。

その影響カナ?無意識に酢の料理、作って夕飯の一品として出しています。家族全員この酢の料理が好きで、喜んで食べてくれています。

こうして、健康に良くって一石二鳥だと信じて、毎晩の夕飯に酢のメニューを出しているのですが、その根拠については詳しく知りませんでした(~_~;)。発酵食品だから良いんだ~という程度。

しかし、このお酢は健康効果も高くメタボリックシンドロームにも有効なのだそうです。具体的にどのような効果があるのでしょうか。

《お酢の効果》

代表的な効果はなんといっても疲労回復ですよね。他にもよく知られている効果には防腐・抗菌効果・食欲増進などがあります。

また、あまり知られていないところでは、カルシウムの吸収力アップなどがあります。本当なのでしょうか?その根拠に迫ります。

(内臓脂肪の減少効果)

お酢を毎日大さじ1杯(約15ml)続けて摂れば、内臓脂肪が減少する事が科学的に証明されています。そうなの?すごいね。化学と聞くだけで、凄いと思っちゃいますよね。

(お酢のその他の効果)

お酢には他にも、血圧低下・血中脂質低下・血糖値の上昇を穏やかにする・などの効果が期待できるのです。

お酢の効果は本当でした。良かった良かった。これからも毎日食べなきゃね。という事で、我が家のお酢を使ったメニューをご紹介します。

《手軽に食べよう!!お酢を使ったメニュー》

健康効果の高いお酢。カンタンで効果的な取り方メニューをご紹介します。

(キュウリの酢の物)

好みの大きさにカットあるいはスライスしたキュウリにお好みのお酢を大さじ1杯程度かけて、ちょっと追いておきます。これに、ごまをふりかけて出来上がり。長く置いておとけば、更に美味しくなります。

(切干大根の酢の物)

戻した切干大根の水分をしっかり切って、適当な長さにカット。好きなお酢で味付けします。これだけでも美味しいのですが、干しエビなどを合わせると更に美味。

(トマトスライス)

冷やしたトマトに好きなお酢とバジルやパセリなどをちぎってトッピング。ポン酢でも美味しくいただけます。

(わかめの酢の物)

下ごしらえしたわかめをお好みの酢で和える。キュウリやレタスなどを合わせても、ごまや干しエビを合わせても、アクセントに梅干しをトッピングしても美味しくいただけます。

(きのこのホイル蒸し)

好きなキノコをアルミホイルで包んで蒸す。そこにポン酢か好きなお酢を振り掛ける。

(プチ丼)

温かいご飯にすし酢を振り掛けて、いり卵・干しエビ・キュウリ・なっとうなど、好みの具材をトッピング。カンタンお寿司の出来上がり。

(春雨の酢の物)

茹でた春雨にキュウリの細切り・いり卵・カニカマかハムなどを合わせて甘めのお酢で味付け。最後にごまをふりかける。

(もやしのマヨ和え)

レンジでチンしたもやしの水分を切って、マヨネーズとお酢で作ったドレッシングをかける。

(レタスの酢の物)

ごく少量の塩でもんで、しんなりしたレタスにポン酢か甘みのあるお酢をかける。最後にごまを振り掛けて出来上がり。

(鶏手羽元のバルサミコ炒め)

鶏肉の手羽もとを焼いて、完全に日が通ったら少しの塩コショーとバルサミコ酢で味付け。最後に大量のパセリのみじん切りを絡めて完成!!

【まとめ】

昔から、何の根拠もなく、お酢=健康食品と教えられて育ったので、そのまま実践していたのですが、それが科学的に証明されたなんて嬉しい事です。

数年前からお酢がブームのようになり、色々な種類が登場していて、食事に取り入れやすくなっていますね。メーカーさんありがとうございます。

しかし、なかには糖分を多く含むものなどもありますので、成分をしっかり見て、目的に合わせて使い分けましょう。

美味しく健康的に、これが一番ですよね。

参考にさせていただいたサイト:内臓脂肪の基本知識

数ヶ月前に私が病院で教わった腸内環境を良くする為の運動方法

shutterstock_315810716

今から3ヶ月くらい前に、私は消化器科の病院に行きました。少々お腹の具合が悪くなってしまった事により、ちょっと病院で見てもらった訳ですね。

結論から申し上げると、検査で少々大変な思いをしました。しかしその病院にて、とても有益なアドバイスを受ける事ができたので、とても良かったと思います。お腹の調子を整えるための、体操方法を学ぶことができたからです。

お腹にへこみを作る運動方法

私がその病院に行った理由ですが、最初は軽い風邪でした。幸いにもそれほど重症にはならなかったのですが、残念ながらお腹の調子が悪くなってしまったのですね。風邪は万病の元と言いますが、思わぬ症状の引き金になってしまう事もあるのですが、私の場合は便秘が加速された形になります。

shutterstock_394863769

実は私は、元々は余りお腹の調子が余り良くないのですね。お通じが悪くなる事も多く、出勤時に大変な思いをするケースも多々ありました。

そして風邪という病は、色々な症状を悪化させてしまう場合があります。私の場合は、お通じが少々悪化してしまった訳ですね。

いずれにしてもお腹の調子が悪くなった以上は、一旦は病院で見てもらう方が良いと判断しました。それで消化器科に行ってきた訳ですが、大腸検査なども受ける事になったのです。麻酔などもした上で、かなり朝早い時間から検査を受けなければならず、なかなか大変な思いをしました。

結局のところ、お腹に何らかの腫れ物が見つかったのですね。それを解消するためにお腹の調子を整えるための薬剤なども処方されました。
それでこの間その病院に行ってきたのですが、経過は良好だそうです。医師の方が判断している位ですから、やはりそれは間違いないのでしょう。
そして私はその医師から、とても有益な体操方法を学んだのですね。お腹を引っ込めてみる運動方法です。と言っても、特に難しい事はありません。お腹に軽く力を加えて、物理的に引っ込めるだけですね。

考え方としては、頬をすぼませるような感覚です。頬にくぼみを作るような感覚ですが、お腹にもそれを作ってみると良い訳ですね。お腹をへこませてしばらく時間を起き、元の状態に戻します。そしてもう一度へこませるといった具合に、「へこみの繰り返し」を行えば良いのだそうです。それだけで、随分と腸内環境が整ってくるようですね。

ですので腸内環境が今一つだと考えるのであれば、ちょっとお腹をへこませる運動を繰り返してみると良いでしょう。それと併用してヨーグルトなどを服用すれば、だいぶお腹の中の環境も改善されると思う次第です。

コロコロ便の改善

牛乳アレルギーの方でもお通じ改善が見込めるフェカリス菌入りのサプリメント

人々が乳酸菌を摂取するとなると、複数の方法があります。多くの方々は、主にヨーグルトを選んでいる傾向があります。比較的身近な商品だけに、コンビニなどでそれを定期的に購入している方もいらっしゃるでしょう。

それ以外にも、サプリメントという選択肢もあるのですね。その方法の場合は、アレルギーに関する特徴があります。また手軽さなどに関するメリットもあるので、ヨーグルトよりはサプリメントの方が好ましいと考えている方も多いですね

乳酸菌をサプリで摂取する理由と牛乳アレルギー

shutterstock_371802073

アレルギーとはどういう事かと申しますと、牛乳です。そもそもヨーグルトの多くは、いわゆる乳製品に該当します。そして人々の中には、その牛乳に対するアレルギーをお持ちの方もいらっしゃるのですね。それを飲んでしまいますと、体が不調になってしまう方も中には見られます。牛乳を飲んでしまうと、お腹が下るようになる方も珍しくありません。

お通じを改善させたいと思っている方などは、しばしばそれでお悩みです。お通じを改善させるために乳酸菌が良いとは分かっていても、牛乳を飲むことが難しいのでは困るでしょう。

逆に乳酸菌のサプリなどの場合は、そのアレルギーに関する問題点が無いケースが多いのです。なぜならサプリの場合は、乳製品に該当しないからです。人によっては、それを理由にサプリを選んでいる事もあります。

アレルギー体質の方にもおすすめのプロテサン

shutterstock_272161175

というのも今年の3月頃なのですが、ある方がプロテサンという商品を購入していらっしゃるのですね。プロテサンは、いわゆるサプリメントの1つになります。

そのサプリの特徴としては、いわゆる乳製品に該当しない点です。というのもそのサプリの中には、フェカリス菌が含まれています。それも加熱処理が施されている菌類なのですね。
そしてプロテサンの中には、牛乳に関連する物は一切入っていません。つまり牛乳アレルギーの方でも、そのフェカリス菌入りのサプリメントによってお通じの改善が見込める訳ですね。

そして上記の購入者の方なのですが、それが理由だったようです。その方の場合は生まれつきに牛乳アレルギーなので、なかなかヨーグルトでお腹を改善させるのが難しい状況でした。しかし楽天で見つけたそのプロテサンという商品の場合は、乳製品には該当しないので、自分にはぴったりだと思ったようですね。事実ぴったりだったのですが。

ですのでヨーグルトなどでお通じを改善するのが難しい方の場合は、プロテサンという商品はおすすめですね。

潰瘍性大腸炎に対する効果が見込めるプロテサンという乳酸菌のサプリ

人々はたまに難病で悩んでいます。お腹の中に関わる病気はとても多いですが、その1つは潰瘍性大腸炎ですね。

潰瘍性大腸炎は、かなり重い病気の1つになります。その名前の通り腸などに潰瘍ができてしまう病気なのですが、基本的には長いお付き合いになる事が多いです。病院に行けば直ちに治るような病気ではなく、そこそこ長期間にわたって治療を続けていく事になるのですね。

そして人によっては、できるだけその病気を予防したいと考えている事があります。それは当然ですね。誰でもそのような重い病気になりたくないでしょう。

病院が高く評価しているプロテサンというサプリ

どうすれば潰瘍性大腸炎の予防をする事ができるかと申しますと、その1つにプロテサンがあります。いわゆる乳酸菌のサプリの1つなのですが、主に楽天などの通信販売サイトにて購入できるのです。楽天では、その商品はかなり高く評価されていますね。レビューの平均点も高めな数字を誇っていますので、少なくとも人々から好評な商品である事だけは確実でしょう。

そして実はその商品は、医師の方からも推薦されている事があるのです。以前にある方が潰瘍性大腸炎の予防を考えていた訳ですが、それで医院から勧められたようです。

病院がすすめるプロテサンを楽天でリーズナブルに購入した

今から2年くらい前なのですが、ある50代の女性の方がプロテサンを購入しているのですね。それを購入したのは楽天ではなく、病院だったようです。つまり一部の病院では、プロテサンというサプリを購入できる訳ですね。

なぜそれを購入したかと申しますと、前述の大腸炎です。その方の息子様が、ある時に大腸の検査を受けました。いわゆるカメラでの検査を受けてみた訳ですが、それでお腹の中に腫れ物が発見されたようなのです。

それでその病院から、プロテサンという乳酸菌のサプリが勧められたのですね。それでしばらくの間服用を続けて、息子様のお通じなどはだいぶ改善されたそうです。少なくとも下痢はほとんどなくなったようなのですね。

ただ上記の50代の女性の方は、その病院からのサプリの値段にデメリットを感じていらっしゃいました。病院を通じてそれを購入すると、やや高めになってしまうようなのです。そこでその女性の方は、楽天を通じてプロテサンを購入したようのですね。それでだいぶ格安に購入できたそうです。多少弱めなサプリになるのですが、費用対効果はそれでも十分だと考えているようです。

上記の話から分かる点は、そのサプリメントが病院から高く評価されている事ですね。そして楽天と値段の関係も、見落とすことができないでしょう。
もしも大腸炎が気になっているのであれば、プロテサンを楽天から購入してみるのも一法ですね。